易占いを使って頭と心の整理整頓&すぐに役立つ占い 64卦384爻の詳細説明

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

金星kinseiこと、金星かおるです

占い師をしている金星かおるです。

・占術家(易占い、西洋占星術、サビアン占星術、タロット)。西洋占星術・サビアン占星術は、松村潔氏に、易占いは、足立隆子氏に師事。傾聴スキルは、再評価カウンセリングでつけました。

・「とらわれを手放し自由になるための占い」そして、 「わかりやすく・シンプルに・役に立つ」をキーワードに 占い相談と占い講座を提供しています。

・ シングルで二人の子どもの母親です。

・アダルトチルドレン・摂食障害・離婚・子育て ・介護・教職退職などの経験を生かして、 親しみのあるやさしい占い師を目指してます。

・Webデザイナー Webで自己表現するサポート=webサポートもしています。

占い師として

数年前に亡くなった私の実母が、1年半の間、こん睡状態になり、介護で立ち会った時に興味深いことがありました。

プロセスワークという心理療法を学んでいる私のカウンセラーが、こん睡中の母にコーマワークというカウンセリングをしてくれたことです。その場に同席し、私は、初めてこん睡の人ともコミュニケーションができることを知りました。

母は、この時、会話やアイコンタクト、ボディランゲージなどのほとんど全てのコミュニケーション手段を失っていて、見た目はただ寝ているだけのようでした。

でも、このコーマワークというカウンセリングで母は、わずかなまぶたの動きや指先の筋肉の動き、全身の震えによってまわりに何かを伝えようとし出したのです。

見えない・言葉にならないものを大事に人と関わる

母はこの時、”こん睡の人ともコミュニケーションができるスキルを持った見守ってくれる人”を得て、ようやく自分の想いをまわりに伝えることにチャレンジし始めたようでした。

まわりが聞こうとしないのでそれまでは諦めていたのかもしれません。

母は、カウンセリングの途中でカウンセラーの言葉かけに合わせて涙ぐみ、咳払いをしようとし、大きくからだを動かしました。

偶然とは思えませんでした。

それ以降、カウンセラーのアドバイスを受けながら介護をするようになり、こん睡中の母と見えない会話をしながら過ごしました。

この体験から「見えない・言葉にならないものを大事に、ひたすら相手の立場に立って見守るありかた」を、目指し続けています。

占い師としても、このスタンスでいたいと思っています。

傾聴カウンセリング歴18年。占い師歴8年。経験豊富

ていねいに聞き、わかりやすく説明します。

幼少から自分の悩みや友達の悩みの解決に占いを使ってきました。

また、必要なときは占いの結果の根拠や占いの仕組みも説明します。

説教・否定・勧誘なし&秘密厳守

説教・否定・勧誘はしません。秘密厳守であなたの味方となってお話をうかがいます。

秘密厳守ですので、安心してどんなことでも話しできます。

易おみくじ

Mobile

QRcode
PAGETOP
Copyright © 金星kinseiの占いブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.