易占いを使って頭と心の整理整頓&すぐに役立つ占い 64卦384爻の詳細説明
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 易占いの活用

易占いの活用

易占いの方法(サイコロ3個法)と読みの基本

<易占いの方法> サイコロ3個(色違いの八面体1個ずつ計2個+六面体サイコロ1個)を用意する。2個の八面体サイコロのうち、どちらが上でどちらが下なのか決めて覚えておく。例えば、緑が上でピンクが下など。 質問をまとめる。( …

卦(け)の構造2~大成卦(たいせいか)、変爻(へんこう)、之卦(いくか)、卦の呼び方

大成卦(たいせいか) 上卦(かみけ)と下卦(しもか)を並べて6本にしたものを 「大成卦(たいせいか)」と呼んで、 易の卦と言っています。 このブログでは、易でも略筮法というポピュラーな占い方を使っているので、この「大成卦 …

易占いの読みを深める~八卦の象徴するもの~

天、沢、火、雷、風、水、山、地 この8つの要素は、自然と人生を支配するもとだと、 古代の中国人は考えました。 八卦にはそれぞれ象徴的な意味があり、 占いの読みに応用することになります。 ここにあげたキーワードは材料と考え …

これで八卦を簡単に理解し覚えられるようになります!

易の卦は8つの要素で成り立っています。 天、沢、火、雷、風、水、山、地 この8つはイラストのように自然の象徴です。 この8つの象徴の表わすものをよく知っておくと、 卦の読みに深みが出ます。 天 = 乾(けん)沢 = 兌( …

卦(け)の構造1

易の卦がどうなっているのか説明します。 爻(こう)と爻の数え方、上卦(かみか)と下卦(しもか)、八卦(はっけ) という易の専門用語が出てきますので、 ひとつずつ理解していきましょう。 爻(こう)の種類とかぞえ方 左のイラ …

易占いの特徴~具体的で的確でわかりやすい

易占いとは 以前にも記事にしましたが、易は命・卜・相で言うと、卜占いです。 卜占いは、 目の前の具体的なこと、今の状態を占うのが得意です。 今の状況や近未来の運勢を占ったりします。 およそ半年くらいまでのことを占い、長期 …

易占いは、「卜(ボク)占い」の一種

易占いとはどんな占いなのかを書いていこうと思います。 易占いは、「卜(ボク)」占い。 つまり気の流れ、心の声をひろいあげる占いです。 他の「命」占いや「相」占いとの関係をご説明いたします。 占いの3つの種類 占いには大ま …

混沌(カオス)から形をみいだし、哲学とつながる知恵=易

「混沌(カオス)から形をみいだし、哲学とつながる知恵=易」 私の理解している易は、短く書くと、こうなります。 自然界の陰陽のバランスは、絶えず変化しています。 その混沌とした気の流れを読み取り、 形にして見せてくれるのが …

易占いのブログを続けている理由 (祝2か月♪)

私は、このWPのブログを始める少し前、 易占いの研究のためのブログを作り、 毎日記事を書き始めました。 そろそろ2か月になります。^^v 私は、2005年に足立隆子氏に易占いを教えていただいてから、 何のご縁か大変惹かれ …

占いの的中率を上げる方法

大公開!タロット・易占いの的中率を上げる方法 いきなりですが、企業秘密のハナシ? 占いの的中率を上げる方法を書いちゃいます。 「タロット・易占い」とまとめて書いているのは、 どちらも卜(ぼく)占いと言って同じ種類の占いだ …

Mobile

QRcode
seminar_pic_sozai_bnr_160_600
PAGETOP
Copyright © 金星kinseiの占いブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.