すいざんけん_03今日は水山蹇(すいざんけん)です。

「蹇(けん)は、西南に利し、
東北に利ろしからず。
大人を見るに利し 貞吉」

蹇(けん)は、進みにくくいもので、東北の方向や山を歩くのは無理だが、
西南の方向や平地を進むのがよいでしょう。
力のある人に手助けしてもらう必要があります。

正しくふるまうなら吉です。

「蹇」という字は、日常見かけませんが、
よく見ると寒と足が合体したような字です。
見るからに足が凍えそうです。

前は冷たい川、後ろは険しい山で、
足が凍えてすくんで、前に進めません。
後退もできません。

四大難卦(よんだいなんけ)のひとつです。

爻辞 39 水山蹇(すいざんけん)の初爻

今あるものを守って現状維持。前に進めると困難があります。焦ると思いますが、じっと待っていると向こうからよいことがやってきます。お楽しみに♪

「往けば蹇(なや)み、来れば譽あり」

進めば困難にあいます。
「果報は寝て待て」です。
焦るかもしれませんが、
進むと困難があります。
自分から動かず迎えた方がいいでしょう。
待っていればサポートやよいことがやってきます。

之卦 63 水火既済(すいかきせい)

完成形の「水火既済」です。
これ以上はやりすぎです。
そのまま、動かさずに長持ちさせましょう。

爻辞 39 水山蹇(すいざんけん)の2爻

険しい道です。大臣が滅私奉公するように、人の世話に明け暮れることになりそうですが、その献身的努力は報われます。分け隔てなく与えて下さい。

「王臣 蹇蹇(けんけん)たり。
躬(み)の故(こと)にあらず」

大臣の苦労のように、苦労は自分のための苦労ではなく、
他の人のための苦労のようです。
コンディションの悪い中、
人の世話に明け暮れることになりますが、
ちゃんと見ている人は見ており、評価されます。
献身的努力が吉です。

之卦 48 水風井(すいふうせい)

井戸の「水風井」です。
井戸はみんなのものでひとり占め禁止です。
差別せずみなさんのために努力しましょう。

爻辞 39 水山蹇(すいざんけん)の3爻

おなじみのみんなに頼りにされて仲良くして安心感を得ます。いつもの安心できる場所を離れるのはやめておきましょう。新しい計画は慎重に。

「往けば蹇(なや)み、来りて反(かえ)る」

人に頼られてなんぼといった運勢です。
頼ってくれている人をふりきって、
前に進もうとしても勇み足でうまくいきません。
思い直して元の場所に帰って来れば歓迎され、安心感がある。
いつもの場所にいるのが安全です。

之卦 8 水地比(すいちひ)

仲の良い「水地比」です。
まわりの人と仲良くしてください。

爻辞 39 水山蹇(すいざんけん)の4爻

寒い日に険しい山に立ち入って困難極まるとき、引き返す勇気を持ちましょう。ひとりで抱え込んでいる仕事はオープンに。仲間と一緒に取り組むならば、困難を乗り越えることができます。人情に救われます。

「往けば蹇(なや)み、来れば連(つらな)る」

寒い日にけわしい山の中に立ち入ってしまいました。
直ちに進むのをやめ、引き返し、助けを求めた方が良いです。

一度進み始めたことをやめたり、引き返したりするのに
勇気が必要な時がありますが、今がその時と知りましょう。
惰性に流されずストップし、手放し、
仲間と力を合わせるならその困難を打破することができます。

ひとりで抱え込んでいる仕事はオープンにしましょう。
執着は手放しましょう。

之卦 31 沢山咸(たくざんかん)

感情的な「沢山咸」です。
人は感情の生き物。
人情によって救われるでしょう。

爻辞 39 水山蹇(すいざんけん)の5爻

助っ人運があります。四大難卦で、困難は避けられないですが、同志が助けに来てくれます。困難から逃げずに淡々とベストを尽くしてください。

「大いに蹇(なや)み 朋来(ともきた)る」

大きな困難に遭いますが、同志が助けに来てくれます。
協力が得られます。
強力な助っ人です。

之卦 15 地山謙(ちざんけん)

謙虚に修行をしている「地山謙」です。
困難から逃げずに淡々と最善を尽くしてください。

爻辞 39 水山蹇(すいざんけん)の上爻

困難ももう終わりに近づいてきました。力のある人に手助けを頼むとよい進展があります。どんな困難もていねいに進めていけば乗り越えていけます。ひとりで無理はしないことです♪

「往けば蹇(なや)み 来れば碩(おお)いなり 吉。
大人を見るに利し」

進もうとしてもうまく進めず、
ひとりでは無理はしない方がよいが、
時を待っていると大きな利益があるでしょう。
専門家など実力のある人に会って指示に従ってみると
今までのスランプを抜けることができる暗示があります。

之卦 53 風山漸(ふうざんぜん)

ゆっくり成長の「風山漸」です。
難しいことでも順を追って進めていけばうまくいきます。

今日は午前中仕事、午後は近所で緑を守るイベントとプレーパーク。
多忙な一日でした。

プレーパークとは、1943年にデンマークで誕生した「廃材遊び場」が発祥で、
都市公園的な場所ではなく廃材やガラクタを置いてある場所で
子どもが自分で責任を持って自由に遊ぶ遊び場です。
禁止事項を極力少なくし生き生きと遊べるように、
遊びのお兄さん(プレーリーダー)やボランティアの大人が見守ります。

うちの子どもたちも私も大変お世話になってきました。
居心地がいい…っていうか、居場所があって楽って感じがする。

今日はこの辺で。
ありがとうございます。