大成卦説明図

<易占いの方法>

image

  1. サイコロ3個(色違いの八面体1個ずつ計2個+六面体サイコロ1個)を用意する。2個の八面体サイコロのうち、どちらが上でどちらが下なのか決めて覚えておく。例えば、緑が上でピンクが下など。
  2. 質問をまとめる。(質問のまとめ方のコツは別の記事にします。)
  3. まとめ方のコツを参考に質問をイメージしながらサイコロを転がす。
  4. 大成卦(たいせいか)と之卦(いくか)を出す。(出し方は、下※で説明しています。)
  5. 読む※2。(別の記事参照。64卦、384爻など、初めは参考書を使って。慣れてきたら参考書にとらわれ過ぎずにインスピレーションを使って読んでみて下さい。)

大成卦(たいせいか)と之卦(いくか)を出します※。

  • 八面体のサイコロの上と決めた方の数=上卦(かみけ)
  • 八面体のサイコロの下と決めた方の数=下卦(しもけ)
  • 六面体のサイコロの数=変爻(へんこう)=イラストの赤丸の位置です。

この三つの情報を下記「八卦表」と「64卦一覧表」を見ながら「一番上のような図」にしていきます。
…これで大成卦(たいせいか)と之卦(いくか)ができました。

上の図のようなメモが出来上がったらとりあえず
「大成卦(たいせいか)と之卦(いくか)ができた~!!」
おめでとうございます!!

すべてがわかる384爻易占い (説話社占い選書5)

新品価格
¥1,080から
(2017/2/26 07:15時点)

64卦早見表で大成卦(たいせいか)のナンバーを探そう※2

サイコロの数字のメモを見ながら、
「八卦表」で八卦を探し、「64卦早見表」で上卦と下卦をたどって、ぶつかった数字と卦の名前を調べてメモして下さい。

八卦表

8 7 6 5 4 3 2 1
こん ごん かん そん しん り だ けん

64卦早見表

8 7 6 5 4 3 2 1  ←上
下↓
11,
地天泰(ちてんたい)
26,
山天大畜(さんてんた いちく)
5,
水天需(すいてんじゅ)
9,
風天小畜(ふうてんしょうちく)
34,
雷天大壮(らいてんたいそう)
14,
火天大有(かてんたい ゆう)
43,
沢天夬(たくてんかい)
1,
乾為天(けんいてん)
1
19,
地沢臨(ちたくりん)
41,
山沢損(さんたくそん)
60,
水沢節(すいたくせつ)
61,
風沢中孚(ふうたくちゅうふ)
54,
雷沢帰妹(らいたくきまい)
38,
火沢睽(かたくけい)
58,
兌為沢(だいたく)
10、
天沢履(てんたくり)
2
36,
地火明夷(ちかめいい)
22,
山火賁(さんかひ)
63,
水火既済(すいかきせい)
37,
風火家人(ふうかかじん)
55,
雷火豊(らいかほう)
30,
離為火(りいか)
49,
沢火革(たくかかく)
13.
天火同人(てんかどうじん)
3
24,
地雷復(ちらいふく)
27,
山雷頤(さんらいい)
3,
水雷屯(すいらいちゅん)
42,
風雷益(ふうらいえき)
51,
震為雷(しんいらい)
21,
火雷噬嗑(からいぜいごう)
17,
沢雷随(たくらいずい)
25,
天雷旡妄(てんらいむもう)
4
46,
地風升(ちふうしょう)
18,
山風蠱(さんぷうこ)
48,
水風井(すいふうせい)
57,
巽為風(そんいふう)
32,
雷風恒 (らいふうこう)
50,
火風鼎(かふうてい)
28,
沢風大過(たくふうたいか)
44,
天風姤(てんぷうこう)
5
7,
地水師(ちすいし)
4,
山水蒙(さんすいもう)
29,
坎為水(かんいすい)
59,
風水渙(ふうすいかん)
40,
雷水解(らいすいかい)
64,
火水未済(かすいびせい)
47,
沢水困(たくすいこん)
6,
天水訟(てんすいしょう)
6
15,
地山謙(ちざんけん)
52,
艮為山(ごんいざん)
39,
水山蹇 (すいざんけん)
53,
風山漸(ふうざんぜん)
62,
雷山小過(らいざんしょうか)
56,
火山旅(かざんりょ)
31,
沢山咸(たくざんかん)
33,
天山遯 ( てんざんとん )
7
2,
坤為地(こんいち)
23,
山地剥(さんちはく)
8,
水地比(すいちひ)
20,
風地観(ふうちかん)
16,
雷地予(らいちよ)
35,
火地晋(かちしん)
45,
沢地萃(たくちすい)
12,
天地否(てんちひ)
8

何回か繰り返すうちに慣れますので、ここでくじけないでくださいね。
応援しています♪

占いの中身をもっと知りたい方は、易占い講座をリクエスト!
そして、独学するなら、参考書籍をお勧めします。

略筮法(りゃくぜいほう)の読み方※2

今回やり方を説明した略筮法(りゃくぜいほう)では、
大成卦(たいせいか)を70~80%
之卦(いくか)を20~30%
の比重で読んでいます。
之卦の位置づけは、
きっかけ・可能性・かくれているもの・アドバイスです。
そんな感じで読んで下さいね。
あと、易経をひもといて、爻辞(こうじ)を読んだらバッチリ。

64卦384爻の形とアドバイスがあり、その中からぴったりのが出ます。

毎日の占いに爻辞の解釈が書いてあるので参考にしてください。
易占いのメモ用紙