易の卦は8つの要素で成り立っています。

八卦のイラスト

天、沢、火、雷、風、水、山、地 この8つはイラストのように自然の象徴です。
この8つの象徴の表わすものをよく知っておくと、
卦の読みに深みが出ます。

天 = 乾(けん)沢 = 兌(だ)火 = 離(り)

雷 = 震(しん)

風 = 巽(そん)

水 = 坎(かん)

山 = 艮(ごん)

地 = 坤(こん)

この象徴の漢字と中国の呼び名のセットは覚えておくとよいでしょう。

何かと出てくる基本です。
けんだりしんそんかんごんこん・・・・とお経のように唱えて覚えました。
ご利益はありそうです^^

八卦のマークは、上のイラストを見ながら、
下の説明のように形を暗記するといいですよ。
丸暗記はつらいですものね。

  • 天は空のように陽が3本
  • 沢は凹で水を流しやすくなっている形 口を開いて笑う形
  • 火は、中央部分が暗くなっている
  • 雷は地面の上に点々で雷のギザギザを表現している
  • 風は凹が逆さになっていてトンネルのように風を通します
  • 水は水の漢字を90度横に寝かせた形
  • 山は山の形
  • 地はみんなバラバラで土の性質をあらわした形