「混沌(カオス)から形をみいだし、哲学とつながる知恵=易」

私の理解している易は、短く書くと、こうなります。
019414
自然界の陰陽のバランスは、絶えず変化しています。
その混沌とした気の流れを読み取り、
形にして見せてくれるのが易の卦(け)。
64の卦は、自然現象や社会現象を表わしているシンボルです。

その卦のシンボルを読み解いていくことで
人が幸せに生きる道(哲学)を知ることができます。

なぜ哲学が知れるのかというと、

古代中国の哲学思想の書いてある易の原書「易経」に
64卦の解説があるからです。

易経とは、いわば「生活百科事典」、
暮らしのよりどころ。
さまざまな人に研究され今に至ります。

易占いは、
この中国の賢者の知恵の書「易経」がバックにあるのが
大きな特徴と言えるでしょう。

占いであり、開運法指南がもれなくついてくるのが
易占いの本質です。

そして、易で得た形というのは自分の心の声であり、
易経は、その通訳本であるというのが、私の解釈です。