易の卦がどうなっているのか説明します。
爻(こう)と爻の数え方、上卦(かみか)と下卦(しもか)、八卦(はっけ)
という易の専門用語が出てきますので、
ひとつずつ理解していきましょう。

爻(こう)の種類とかぞえ方

爻の数え方

左のイラストの6本の黒い棒を爻 (こう)と呼びます。

イラストではまっすぐ一本の棒ばかりですが、
二つに割れている棒もあり、
陰爻と陽爻の2種類があります。
割れている方は「陰爻 (いんこう)」、
一本のものを「陽爻 (ようこう)」と言います。

また、数え方は、植物の成長と同じで、
下から上に伸びるように重ねていくという考えなので、
下から1 、2 ・・・・と数えます。

呼び名は、下から
1番めの爻のことを「初爻」、
2番めの爻のことを「2爻」、
3番めの爻のことを「3爻」、
4番めの爻のことを「4爻」、
5番めの爻のことを「5爻」、
6番めの爻のことを「上爻」と呼びます。

上卦(かみか)と下卦(しもか)

上から3本のまとまりを「上卦(かみか)」、
下から3本のまとまりを「下卦(しもか)」と呼びます。
上卦は上にある卦(け)下卦は下にある卦という意味で、
その卦というのは、3本まとまっているもので、
8通りの種類があり、「はっけよい~」で有名な
八卦(はっけ)となっています。

八卦(はっけ)

3本のまとまりで「八卦(はっけ)」ができあがります。
陽爻と陰爻の組合せで下記のように8通りになります。
天・沢・火・雷・風・水・山・地の八通りのマークです。
中国では、それぞれに「けん。だ・り・しん・そん・かん・ごん・こん」と名前がついています。
天・沢・火・雷・風・水・山・地という別名もあります。
八卦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八卦は、自然界を構成する要素を便宜的に
天・沢・火・雷・風・水・山・地の8つにカテゴライズしたものです。
八卦の詳細については、また別の日に説明します。

八卦は、伝説の人物、伏羲(ふっき)が考え出したものと言われています。
伏羲(ふっき)は神だとか、身体が蛇だとか伝説があり、
大変興味深い人物です。goo辞書に肖像画がありましたので、
ぜひご覧になってください。
なんともあやしく、しかし親しめる雰囲気です。

では、次の説明もお楽しみに♪

今日は、易の構造のお話でした。
爻 、陽爻 、陰爻、上卦、下卦、八卦 の話をしました。

ちょっとは易の用語に親しめましたでしょうか?