易占いを使って頭と心の整理整頓&すぐに役立つ占い 64卦384爻の詳細説明
ブログ

西洋占星術の四元素で読んでみる

自分や人のことがわかり、ブレにくくなるシンプルな方法

4月は出会いの季節。

西洋占星術では、人との出会いや友だち運を
どう考えているのでしょうか?

いろいろな読み方がありますが、
ここでは、シンプルに四元素で読んでみたいと思います。

火、風、水、土が四元素です。

四元素とは、私たちを取り巻く環境を
下のように四つに分類したものと考えて下さい。

火:情熱や創造性
風:情報やコミュニケーション
水:愛情や心
土:物質やお金

風でコミュニケーション能力を読みます

風のサイン(ふたご、てんびん、みずがめ)に
何個天体があるか、何の天体があるかをしらべてみてください。

多い方が、人間関係上風通しがよくフランクな感じがします。
天体や集まり具合によっては、
意識しすぎてぎくしゃくする場合もありますが。

水で心の交流を読みます。

風と同様に水のサイン(かに、さそり、うお)の
天体数と天体の種類を見て、心の交流を見てみましょう。

水のサインに天体が集まっていたら
人との心の交流を大事にしたい価値観を持っていると読みます。

自分や人のことがわかり、ブレにくくなります

火のサイン(おひつじ、しし、いて)は「熱心」「積極的」
「情熱がなくなると関わりがなくなりがち」とか、

土のサイン(おうし、おとめ、やぎ)は「人のお役に立ちたい」とか、
「実質の伴う関係がいい」「長続きさせたい」とか…です。

 

 

大事にしている要素がわかると、
自分や人のことが理解でき、

人の価値観に振り回されにくく、
他の人の価値観を理解しやすくなっていきます。

 

 

今日は、
人との出会い・関わりを切り口に
四元素について説明しました。

シンプルでパワフルな読み方です。

では、やってみますか?レッツトライ!

  • ホロスコープを作ってください。ネット上に、無料で作成できるサイトがあります。
  • 下の表のようにメモをとって数えてみて下さい。
おひつじ、しし、いて おうし、おとめ、やぎ ふたご、てんびん、みずがめ かに、さそり、うお

さて、どんな感じですか?

ちなみに私の場合は、
風5:水3:土2:火1…といった成分です。

出会い・コミュニケーション面では、
ノリがよくって話好き、共感力もほどほどある感じ。

天体を見てみると
太陽と冥王星が土なので、
役に立つことにはこだわってますーー。

月は風なので、
よくしゃべってストレス解消してますよ。

貴重な情熱の火は土星にひとつきりなので、
老後は元気かなーと期待しているところです。
今のところ、ノリはいいのですが、
積極性は足りないので。^^

四元素を読むことで

「○○を大事にしている人です」とひとことで
言い切ることはだいたいできませんが、
「こんな成分でできてるんだー」と言う感じで
理解が深まります。

次回の西洋占星術講座ではこんなことを
してみようと思ってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

易おみくじ

Mobile

QRcode
seminar_pic_sozai_bnr_160_600
PAGETOP
Copyright © 金星kinseiの占いブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.